心だけじゃなく身体もボロボロになる事も

風俗などで働いている風俗嬢は心の病になることが結構多いらしく、精神的に病んでしまう場合も多いという話を耳にします、うつ病などが多いそうなのですが、そういった精神的な病気も根深いものがあると思うのですが、精神的な病に加えて、肉体的にもボロボロに成ってしまうケースも当然有ります。
こういった仕事をしているわけですから、最近では管理がしっかりとしていたりするので、性病などの心配は昔に比べてだいぶ減ったように感じますが、それでも100%性病にならないわけではないのです。
不特定多数の男性客に性的な接待を行うわけですから、肉体的、精神的にもかなり厳しい物があるということは想像出来ます。
実際、ソープランドなど働いている風俗嬢はかなりの肉体動労だと感じます、体を売って簡単に稼いているという認識は間違いだと感じます。
男性でも肉体労働は体をボロボロにして働くのと一緒で、当然肉体労働であるそういった性的な仕事もボロボロになり病気になることもありえます。
更に、先程述べたような性病、最近ではお店や自己で定期的に検診などをおこなっているようですが、それでも心配もありますし、妊娠の可能性も絶対100%大丈夫とはいえないところがあります。

実際にSMクラブなど、直接体に響くようなプレイをするところもあります、そういったお店で働く風俗嬢の場合は、肉体的にもボロボロになり、辞めたという話はよく聞きます。
ソープランドも同じで、ハードに働き過ぎて身体を壊して辞めた例はたくさんあるということです。
ピンサロにしても、あまり仕事をし過ぎると喉を痛める話はよく聞きます。

心も体もボロボロとなり得る性風俗業の世界ですから、体の管理、心の管理ともに必要となっていくと感じます、身体がボロボロになれば、それだけで精神的に負担をかけますし、ストレスで気力がなくなれば、身体はだるくなるでしょう、同時に負担のかかるこういった性的な接待をおこなっている仕事では、風俗嬢は病気になる前に心と体の管理は特に気をつけなければならないと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です