社会環境の変化も必要だと

これからの風俗業には社会環境の変化も必要な面があるように感じます。
違法な風俗店の取り締まりなどを強化すれば、風俗嬢にハードな仕事を押し付けたり、きわどい仕事を共用するようなブラックな風俗店の排除にもつながるように思えるからです。
更には、非正規性的サービスをおこなっているところ、風営法などで許可を得ていないところを取り締まれば、その分正規のお背店へお客は流れるので、利益が上がりその分女の子たちへの利益配分、収入も増える・・・可能性はあります。

更に、そうすれば風俗嬢たちにとっても負担が軽減され、今までとは違ったビジョンが見れるようになるかもしれないと考えます。
例えば、異常に少ないお金で性的な接待を強要するようなブラックな風俗店も存在しているということですので、そういったお店で働かされる女の子たちは当然ストレスも溜まり、しかも体も壊して病気になったもすると思います。
ただでさえ、風俗嬢など体を壊したり、心の病気になったりしている割合が高いのですから、性的な接待をして低賃金というのた耐え難いストレスだと言えます、とても割に合わないと思います。

女の子がそういった性的な接待をするようなお店で働くのは収入面で優れていると感じているからだといえるので、高い収入、つまりお金をもらえることで報われる部分が多分にあると感じます、その部分を詳細不明の諸経費で削られたり、そもそもの料金自体が折半以下であったりなどでは、当然納得できるものではないでしょうから、そういったお店の取り締まりを強化するのはいいことのように感じます。

風俗嬢などになる女の子は身体も心も資本といえるので、せめて金銭面でのストレスを溜めてて病気になるようなことはさせられるのなら避けたほうがいいはずです。
もちろん、常日頃からの体のケアや心のケアも怠らないほうがいいです。
何にしても、これからは性風俗にとっても社会環境の変化は必要な事項になってくる可能性は十分に考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です