風俗嬢の病気は「性病」よりもキツイ心の病

風俗などで働いている場合、性病などとは無縁で入られません、性的な接待をしている以上ある程度覚悟しなければならないのかもしれないでが、辛く感じるはずです。
もっとも、最近では、お店や風俗嬢もそういったことに気をつけて、素人などと性交するよりも安全だという話も耳にします。
お店によっては、性病の検査を定期的に行っているというところも有りますから、ある程度安心はできます。

ただ、性病も十分に怖いですが、もっと深刻なのが心の病気だと言えます。
風俗店で性的なサービスを行う仕事をしていると結構心を病んでしまうケースが多いようで、うつ病などの症状がある風俗嬢も多いと聞きます。
こういった風俗などのお店で働いている風俗嬢は、以外にメンタル面で弱い子も多いということなので、尚更お金のための性接待をしている事実が受け入れがたいと感じている女の子も多いのです。

そういった風俗嬢の中でも特にもともとエリートだった、高学歴だったという子は心の病、うつ病などにかかりやすいという話を聞きます。
どうしてこんな自分はこんな仕事をしているのだろう?本当ならこんなところで働いてはいなかった、などの考えが渦巻き、負のスパイラルのような考え方になってしまうのでしょう、後はやはり、人の目がかなりいきになるなどする場合もあり、性的な接待をしているわけですから、他の人からはおかしなな目で見られているのではないか?など、過剰に他人の目というものが気になるようになり、実際は他の人がどう思っているかなどわからないのに疑心暗鬼になり、心を蝕んでいくなども有ります。

それから、性風俗のお店をやめた場合でも、その頃稼いでいた給料が高額だった場合など、他の仕事をしてみても給与面で到底、性的な仕事には届かないなど思い、性的な仕事のほうが楽に稼げるなど考え、どうしても性的な仕事に依存してしまうことなども有ります。
そういった依存心も心の病気と言えるかもしれないのです。

そういった仕事をしている場合、精神を病まないためにもなるべくストレスを溜めないようにし、適度に休みを取り、目的意識を持って仕事に依存しないようにすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です