人に言いづらい仕事だからかも

風俗店などで働いている風俗嬢は心の病気にかかりやすいという話をよく耳にします。
なぜそういった仕事をしていると心の病気にかかりやすいのか考えた場合、いくつかの理由が思い浮かびます、まず、やはりそういった内容の業務はどうしても人目をはばかるような内容ですので、堂々と自分は性風俗で働いていて、性的なもてなし、接待をするような内容の事をしているということはオープンにはしたくないと考えている女の子も多いはずです。
つまりそういった人には言いづらい事をしているため、そのストレスから心の病気を患ってしまうということも考えられるのです。

特に、うつ病などの症状がある風俗嬢は多いらしく、なかなか根の深い問題だと言えます。
いろいろな事情から性風俗などで働くようになったという女の子も居ると思いますし、収入面に惹かれてそういった働き方を自分から選んだという女の子も居るでしょう、後者は自分で決めて高収入を得たいと思い仕事をしているのでしょうから、ある程度は許容できるのかもしれませんが、前者の場合、そういった仕事をしたいわけではなく、止むに止まれずということとなればそのストレスはかなりのものとなり、そこから心の病、うつ病になる女の子がいてもおかしな話ではないです。

性風俗、色々な業態があるこの世界ですが、ソープランドに始まり、デリバリーヘルス、ピンサロ、おっぱいパブなどどれも男性客を相手にする仕事で、そういった内容からもストレスを感じる風俗嬢は多いと感じます、しかも、お客さんによっては、風俗嬢に対して色々と嫌なことを言ったり、嫌な行為を働くなどする場合もあるでしょうから、どうしてもストレスが貯まりそういったストレスから心の病気にかかることも有ります。

知り合い、友人、家族などにあまり知られたくないなど考えている女の子も多いでしょう、そういった女の子はやはり人の目がかなり気になり、卑屈になったり、疑心暗鬼になったりすることを考えると、そのストレスからうつ病になったりもします。
あまりにもうつ病がひどいと感じた場合は無理をせずに休息し、出来ればしばらくそういったストレスの溜まるような事から離れ、カウンセリングなども受けて、ストレスのない生活を心がけるのが一番だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です